今、若い人の間で就職難が続き、マスコミなどでもその苦労話や過酷な体験談が連日報道されています。そんな時代だけに、「手に職をつける」といった技術を持ったスペシャリストを目指す人が増えているのです。

中でも昔から美容師は、「技術と愛用の道具があればどこであっても働ける」と言われるように、街には数多くのヘアサロンがあり、仕事場を見つけやすいとされています。しかも、その技術を持って開業することも可能なことから、美容師は昔のみならず今も大変人気のある職業なのです。

さて、美容師になるには国家資格が必要です。

この資格の取得方法は、まず厚生労働省指定の美容学校を2年もしくは3年通い、基本的な技術や知識を身につけ、それを修了することでようやく受験資格が与えられます。その後資格試験を受け、合格することで美容師免許を得るという形になります。

美容師免許の取得後はいよいよ就職となりますが、多くはヘアサロンなどで働きながら、美容師としての本格的な技術を覚えていくのです。

ある種の修行のようなものですが、カットのテクニックやパーマ・ヘアカラーの薬剤、ヘアスタイルの作り方等は日々進歩しているため、努力して新しい知識や技術を積み重ねていかなければ、期待される美容師にはなれないのです。

こうして得た積み重ねが、やがて日の目を見ることになり、一人前の美容師となるのです。

お探しの記事は見つかりませんでした。

検索キーワードを変更し下記より再検索してください。


サブコンテンツ

このページの先頭へ